日報集計システム

入力画面は1つだけですので、毎日現場での業務終了後に作成する日報を短時間で簡単に処理していただきことが可能となります。

日報集計(歩掛等)は実績原価

日報入力における労務等(歩掛)の動きは直接出来高に結び付きません。又、実行予算に対する数量に対して、日報のデータを出来高データとして入力してはいけません。日報データの一部(材料など)は、実績データの支払入力分とし原価のみを把握します。又出来高は査定する現場代理人の考え方等により大きく左右されます。日報のデータは、材料の数量以外は、出来高を算出する為の参考データに過ぎません。(日報は実績単価であり実績原価となるのです。)

日報Naviは条件抽出の自由性で必要に応じた項目の集計が瞬時にできる上、条件抽出に対応した各種帳票類もすばやくプリントアウトできます。

​必要に応じ、対応できる機能

作業の流れ

入力項目

業者名(作業社名)・職種・機種・人数・時間・工種・種別・細別・名称/摘要・施工場所・作業内容・請負区分・契約No・搬入材料・数量・単位・備考。
入力は、土木用語集を利用する画面との対話方式を基本としていますので、マウス操作で簡単に行えます。

印刷票

作業日報・出面集計表・契約No・毎出面集計表・材料集計表・歩掛集計表・材料別集計表・材料累計表・天候気温労務集計表。
必要な帳票を抽出したい条件を指定するだけで、素早くプリントアウトすることが出来ます。
随時必要となる各種データの集計、工種毎の歩掛を把握することが出来ますので、原価管理を行う上での有効な参考資料とすることが出来ます。

© 2020 Kurisho Co., Ltd.